店主は妄想族(私小説) その十九「怠慢」

私は午後八時の閉店後に店舗の二階にある住居に上がり、夕食を含めて小一時間ほどして、シャッターを下ろした一階の横口から店の中に戻った。六つある店内の蛍光灯の一つを点して、レジのある机の椅子に掛けた。シャッター越しに、雨を予感する雷の音が遠く鳴った。レジの斜め前にある電話機の表示する時計が、午後九時七分を示していた。
私は、レジ机の上においた携帯用のパソコンにむかった。来月のフェアの原稿を作るために、パソコンのキーを打ち出した。店の前の市道を往来する車の音が、シャッター越しに聞こえた。店舗の屋根を雨がポッポツと落ちる音がした。しばらくすると、屋根に落ちる雨がプツプツと打つ音になって、やがてバシャバシャと連続して打つ音にかわった。
私はパソコンにむかって二時間ほどした午後十一時すぎに、強く降ったり弱く降ったりして続いた雨は止んで、店内に夜の静けさが戻ってきた。
雨が止んで十分ほどしたら、店の前をトラックが通過する音を聞いた。トラックは後ろが空のせいか荷台が所々にくぼみがある路面をガタンガタンと弾むような音をさせては通って行った。大型らしいトラックの轟くようなエンジン音は、シャッター越しに私の店舗を大きく振動させた。その大型トラックは、店の前から五十メートル先の大通りにある信号につかまったらしく、ブレーキを掛ける音がしたが、その音も大きくて、店の中まで響いてきた。
私は大型のトラックが通って間もなくして、店内のいずれかで、ガザ、ガサ、ガサと、小動物がゆっくりと動くような音を耳にした。パソコンから目を離して店内を見たが、生き物らしいものは見えなかった。
店が在るところの地名が花畑であるように、店内に、コオロギ、カマキリ、トカゲ、カエルなどが入ってくることがあり、私は小動物も入って来ないとは断言できないので・・・・・・。
何の音であるかを確かめるために臆病な私は、机の脇に常に置いてあるレジの後ろの天井近くの窓を開閉するための長さ一メートル二十センチほどの軽いが丈夫な棒を手にした。
恐る恐る私は、店内の中ほどを四坪ほどのカタログの入ったケースが占める七坪ほどの店を時計回りに、北側の壁に備えた自動車雑誌を中心とした本棚、東側の備えた車の書籍を中心の棚、店の正面である窓のある南側、そして、レジ机のある西側と一回りしてレジ机の側に戻ったが、小動物が隠れている気配はなかった。
私は安堵した気持ちでもう一度店内を時計回りに見ていくと、北側に備えた三つある一つの棚の上段に並んでいる自動車雑誌のうちで五、六冊が斜めに傾いているのを見つけ、その段の右端に、三、四センチの空間ができているのを見つけた。
上段に手を伸ばして斜めになっている雑誌を立て掛けて、隣の本棚に移ろうとしたら、立て掛けた雑誌がガサ、ガサ、ガサと音をさせて、ゆっくりと倒れて、先ほどのように傾いた。
先ほどの小動物の動くような音の正体が分かったのと、大型トラックの通過した際に、本棚の上段で倒れそうになっていた雑誌が振動を受けて、徐々に傾いて、小動物の動くような音をたてて傾いたのだと判断した。上段の棚には、傾いた雑誌を立て掛けた後に、一時的に別の雑誌を入れて、レジノ机に戻った。
静かに店内に響いた音の正体が分かってほっとした私は、パソコンにむかったが、もう一度店内に目を凝らすと、北側の本棚も東側の棚のあちらこちらに小さな空間ができているのを目にした。
このところ本棚の補充を怠っていた私は、”明日は、棚の補充を“最優先しよう”と決めて、パソコンにむかった。

★11月のフェア
<「イラスト・カタログで見る国産&外国・自動車(1949-1979年)」カタログ&カタログ(写真も含む)フェア。国産:トヨペット・クラウン、トヨエース、プリンス・グロリア、ダットサン・ブルーバード、三菱ジープ、イスズヒルマン、マツダ1500、東急くろがね、オースチン、オペル、フィアット、シムカ、等。10/26(土)~11/10(日)>

◆当店主が執筆した《クルマが懐かしい店「店主のひとり言」》を、店頭で販売中!! くすっと笑えるエピソード集です。 
価格:1000円 A6判(文庫サイズ) 
並装 187ページ

*つくば市吾妻3-8 友朋堂書店(029-852-3665)でも、販売しています。

「ポスター〔映画:イージーライダー〕」

「ポスター〔映画:イージーライダー〕」

EASY RIDER サイズ/68cm×101cm
<¥4000>

上記の品は、店頭のみの販売です。  

★11月のフェア
<「イラスト・カタログで見る国産&外国・自動車(1949-1979年)カタログ&カタログ(写真も含む)フェア。国産:トヨペット・クラウン、トヨエース、プリンス・グロリア、ダットサン・ブルーバード、三菱ジープ、いすずヒルマン、マツダT1500、等、外国:オースチン、オペル、フィァット、シムカ、フォード、ダッチ、等。10/26(土)~11/10(日)>

◆当店主が執筆した《クルマが懐かしい店「店主のひとり言」》を、店頭で販売中!!くすっと笑えるエピソード集です。価格:1000円、A6判(文庫サイズ)、並装 187ページ

*つくば市吾妻3-8 友朋堂書店(029-852-3665)でも、販売しています。

「プログラム&マガジン〔鈴鹿8時間&4時間耐久オートバイレース〕」

「プログラム&マガジン〔鈴鹿8時間&4時間耐久オートバイレース〕」

① 1987 鈴鹿8時間&4時間耐久オートバイレース・公式プログラム 
153ページ <¥1750>
② 1987-9.10 別冊サイクルワールド“鈴鹿8時間&4時間耐久オートバイ
レース特集号”79ページ
<¥1000>
③ S62.9/10 ライディングスポーツ臨時増刊「鈴鹿8時間」97ページ
<¥1000>

*上記の品は店頭にて即時販売です。ご来店お問い合わせを、お待ちしています。(通販も承ります) 

★11月のフェア
<「イラスト・カタログで見る国産&外国・自動車(1949-1979年)マガジン&ブック フェア。国産:トヨペサト・クラウン、トヨエース、プリンス・グロリア、ダットサン・ブルーバード、三菱ジープ、イスズ・イルマン、マツダT1500、等。外国:オースチン、オペル、シムカ、フォード、ダッチ、等。

◆当店主が執筆した《クルマが懐かしい店「店主のひとり言」》を、店頭で販売中!!くすっと笑えるエピソード集です。
価格:1000円 A6判(文庫サイズ)
並装 187ページ

*つくば市吾妻3-8 友朋堂書店(029-852-3665)でも、販売しております。

店主は妄想族(私小説) その十八「持病」

私はフェア&入荷・等の原稿を作るために、レジ机の上においた携帯用のパソコンにむかってキーを押していた。
午後の二時過ぎに、入口のドアがキューと開いて、二ヶ月に一度ほどお見えになる四十代半ばの長身であるが細身の男性が、背を屈めるようにして入って来られた。
「いらっしゃいませ」と挨拶した私は、いつもは会社帰りの夕方に来られるのに、今日は昼間にいらしたのは・・・と思った。
「こんにちわ」と妙に明るい顔をされて返された四十代の男性は、笑みしながら奥の本棚の方に向かわれた。
私は時々にパソコン越しに顔を上げていたが、フェアの原稿の半分ほど作ったところで手を休めて顔を上げると、三つある真ん中の本棚の前に立ち、棚の中段に並んでいる一九八十年代の自動車誌を取り出しては戻していた男性が、数冊の自動車誌を傍らにおいて、横の本棚に移動するのを目にした。隣の棚に移った男性が棚に手を伸ばして手に取るのでもなく、並べられた自動車誌の背表紙を眺めているように見えた私は、お目当てのものをゲットして余裕で、他の本棚の雑誌を見ているのであろうと思い、
「いつもは夕方にお見えになるのに、今日は昼間にいらっしゃいましたが、如何したのですか?」と訊ねると、
「二週間ほど前に人間ドックによる健診を受けたのですが、その結果が今日に分かるので、有休を利用して病院に行ったのです。こちらには、その帰りに寄ってみました」とレジ机のある方に振り返り笑みしながら言われた。
「どうでしたか?」と私が心配そうに訊ねると、
「大丈夫でした」と笑顔で答えた男性であったが、少し顔を曇らせて、
胃が少し荒れていると伝えられた先生に、
「五、六年前の会社の健診から、レントゲンによる胃の検査の度に、胃の一部に黒い影が写るので、その度に大きな病院で内視鏡検査を受けるように勧められました。しかし、病院での内視鏡の検査の度に、その黒い影は問題ないとのことで・・・・・・。それで、今年は会社の健診を受けずに、健診の中で、胃のレントゲンをしないで直接に内視鏡検査をされる人間ドックを選んだのです。今度も胃について云われたので、今までの健診での胃の検査での経緯を話すと、その先生は、『レントゲンの検査の度に胃に黒い影がでるのは、胃の一部が慢性の胃炎になっていて、そこがレントゲンでは黒い影になるのでする』と話された。ぼくは、慢性の胃炎と分かってから、病気には入らないかもしれませんが、胃炎は、ぼくの持病だと思いました」とひらきなおった口調で話されると、本棚の方に向かれた。
上段の方から雑誌の背表紙をゆっくりと目でおっている男性から目を離して、私はパソコンのキーを押し出した。
私はフェアと入荷の原稿を作り終えたので携帯用のパソコンをとじて、椅子から立ち上がろうとしたら、机上に二冊の自動車誌を男性がおかれた。私は立ち上がったままに会計をして、支払いの終わった自動車誌をシルバーのビニール袋に入れて手渡しすと、受け取ったシルバーの袋を机上に置いて細身の男性が、
「ご主人さんは、持病はありますか?」と訊いてきた。天井を見上げるようにしてから私はおもむろに、
「ありますよ」と答えて、右手を後ろに回してお尻の割れ目を抑える格好をした。
「ああ、痔ですか。あれは痛いらしいですね。一緒に住んでいた弟も痔で、トイレから出てくるたびに顔をゆがめていました」と、弟さんのされた表情をまねるようにして言われた。
「もう、十二年ほど前になるのですが、手術をしたのですが、完全に治っていなくて、寒い冬の日などは、突き刺すような傷みがあり、そんな日はトイレにいくのがためらいますね」と私は困り顔で話した。
「それは、お気の毒です」と言った男性は、次に言おうとしたら、電話が鳴った。私は受話器を取って店名を伝えると、まちがいでしたと謝ると電話が切れた。受話器をおいて先ほどの姿勢になって私に、待っていたように、
「ご主人さん、“まさしく痔病”ですね」と抑えた笑いをして細身の男性が言われた。
「確かに・・・・・・」と私も同調するように笑みすると、男性は大きな笑みをされるとくるりと回り出口に向かわれた。
店主の「ありがとうございました」の声が背後にして、長身の男性は出口のところで少し頭を下げ気味にすると、パタンとドアの閉まる音と共に外に出て行かれた。

★11月のフェア<「イラスト・カタログで見る国産&外国・自動車(1949-1979年)」カタロク&カタログ(写真も含む)フェア。国産:トヨペット・クラウン、トヨエース、プリンス・グロリア、ダットサン・ブルーバード、三菱ジープ、いすずヒルマン、
マツダT1500、東急くろがね、等。外国:オースチン、MG、オペル、フィアット、シムカ、フォード、クライスラー、ダッチ、等。
10/26(土)~11/10(日)

◆当店主が執筆した《クルマが懐かしい店「店主のひとり言」》を、店頭にて販売中!! くすっと笑えるエピソード集です。 
価格:1000円 A6判(文庫サイズ)
並製 187ページ 

*つくば市吾妻3-8 友朋堂書店(029-852-3665)でも、販売しています。

「只今、1970年代の(内外出版社)月刊自家用車誌が、入荷!!」

「只今、1970年代の(内外出版社)月刊自家用車誌が、入荷!!」

①1970-5 340ページ(特集:1500~1600cc 各車の特長、優劣を比較する、等)<¥1000>
② 1971-7 334ページ(二色刷りイラスト解説:コルトギャランGTOの総合研究、等)150号記念 <¥1000>
③ 1973-6 324ページ(特集:スターレットを迎え激化する小型大衆車、等)<¥1000>
④ 1979-8 380ページ(カラー特集:1800セダンの優劣を問う試乗比較、等)<¥1000>、等。 

*上記の品は、店頭にて即時販売です。(通販も・・・) 

★10月のフェア
<「カタログで見る、1960&70年代のF1グランプリ&インディ500」マガジン&ブック フェア。オートスポーツ誌、カーマガジン誌、(ノーベル書房)栄光への爆走、等。9/28(土)~10/6(日)>

◆当店主が執筆した《クルマが懐かしい店「店主のひとり言」》を、当店頭で販売中!! くすっと笑えるエピソード集です。 
価格:1000円 A6判(文庫サイズ) 並装 187ページ

*つくば市吾妻3-8 友朋堂書店(029-852-3665)でも、販売しています。