小説 《都下恋物語》  -小金井美術研究所①-

十月の最初の土曜日。国分寺駅の近くのファミリーレストランで行われた映画研究会の集まりが午後六時に終わると、舞子はサークルの先輩である西沢を引っ張るようにして、美術洋書の店に連れて行った。赤いバイクの側らからショー・ウィンドー越しに店内を覗いてから、舞子はドアを開いた。レジのある机の傍らに立って検品していた小松川店長は、「いらっしゃいませ」と入口の方に向いて来店の挨拶をして、お客が舞子であると分ると笑顔になっていた。長身の男性が舞子に続いて店内に姿を現すと、挨拶をした小松川店長の顔は少し強張っていた。背の高い男性は軽く会釈をすると、左壁に面して備え本棚の中程に立つ舞子の側らに並ぶようにして立った。
舞子は、中ほどの本棚の上三段目から画集を引きだすと、傍らの西沢先輩に「以前から探されていたエコン・シーレの画集って、これではありませんか?」と言って、画集の表紙を見せた。舞子の手にする画集を見て、西沢先輩の目がきらりと光った。先輩は、舞子から手渡された画集を開いた先輩は、(このような作品が紹介されていたのか)と言うような顔をして見入り、ページをめくるにつれて、長身の体が嬉しさを表すように揺れていた。傍らの西沢先輩の様子を見ながら、舞子は(この店に、無理矢理であったけど、連れてきてよかった)と思った。西沢先輩が画集を見終わると、舞子の方を向いて「まさしく、長年にわたり探していた画集だよ。見つけてくれて、ありがとう」と礼を言った。舞子はにこにこしながら「先輩のお役に立って、嬉しいです」と応えた。
シーレの画集をしっかり手に持ちながら本棚の全体を見回した西沢先輩は、「都心から離れた国分寺に、美術書専門の洋書屋さんが在るなんて・・・・・・」と小声であつたが驚くとともに感心するようなに云った。本棚を見つめて小声でつぶやく長身の男性と舞子とを見比べながら、店長の小松川は(あの背の高い男は、軽部さんの彼氏であろう)と思った。
舞子は、今度は自分のための美術書を探すために、ウィンドー近くの本棚に手を伸ばしていた。西沢先輩は中程の本棚の前に立って、関心ある画集を手にしては中をぱらぱらとめくって元に戻していた。舞子がさがしているものが見つけられないのに、先輩は見つけたものをレジのある机上に「これは、購入するものですから・・・」と言って積み重ねるようにして置いていった。舞子がこれはと思われるデザイン集を手にした時に、西沢先輩の携帯電話が鳴り、携帯を耳に当てながら、先輩は店の外に出ていった。赤いバイクの側らに立って携帯で話をしている先輩を、舞子はショー・ウィンドー越に見たが、すぐに視線を本棚に戻して、デザイン関連が収まっている棚に手を伸ばした。
携帯を夏の上着の胸ポケットにしまいながら店の中に戻ってきた西沢先輩は、エゴン・シーレの画集を含めて五冊ほどの美術書の支払いを済ませると、足早に店を後にした。西沢先輩は店を出て行く際に、早口に「連れてきてくれて、ありがとう」と述べたので、舞子は「どう、いたしまして・・・」と微笑みながら応えた。

小説 《都下恋物語》  -ワイエス④-

理解できないでいる舞子に、店長は穏やかに「今まで僕が見てきた限りでは、年相応に見られる人より年上に見られている人の方が、仕事も遊びでも人の倍する人が多かったように思います。きっと、軽部さんは大学のサークルでもバイト先でも、与えられた以上のことをされるのではないでしょうか。舞子さんは周りから、(年の割には、頼りになる人)と、見られているのだと思います」と、真面目な顔になって話された。店長の顔を見つめながら舞子は、(そうなのかな)と思いなが(確かに、同じ年の人より働いている)と思った。すると、店長が言われた「・・・、頼りになる人」の言葉が浮かび、舞子は思わずにっこりとした。
口元から笑みがこぼれた舞子を前にして、硬い表情をして小松川は「僕は年相応ではなくて年下に見られるのは、童顔のせいばかりではなくて、年齢に相応しいことをしてこなかったからだと思います。子供っぽい顔に甘えて、やるべきことをやらなかった自分があるからだと思います。するべきことをしていれば、童顔であれ、そのことが顔に出て、年相応に見えるのですが・・・、僕は怠ってきたのです」と悔しげに語った。二十歳の舞子には店長の言葉にどう応えてよいのか分らなかったが、店長の言いたいことはわかるような気がした。
入口のドアが開いて、高校生らしい男女が入ってきた。小松川店長は「いらっしゃいませ」と来店の挨拶をして、机に向かうと傍らに積み上げられた検品途中の洋書に手を伸ばしていた。舞子は左側の壁全体に備え付けられた本棚のショー・ウィンドーに近い棚の前に立って、ポップアートの作品が集められた洋書を手に取っていた。
学生らしき二人は寄り添うようにして右側の板壁に目を注いでいたが、ショートカットの女子高生がハトの形をしたラックからアール・ヌーボーのデッサン集を抜くと、パラパラとページをめく中ほどで手を止めた。女子高生は傍らの男子高生に開いたページを見せると、「これって、来週に提出する予備校の課題に、参考になるよね」と同意を求めるように言った。女の子が開いているページに視線を注いで、男の子は、「ばっちり、オーケーじゃん」と笑みしながら応えた。女の子はにこりとすると裏カバーに記された値段を確認してから手にしたデッサン集をレジに持ってきた。小松川店長が「ありがとうこざいました」とのべると、支払いを終えた女の子は、銀色のビニール袋に入ったデッサン集をカバンにしまうと、傍らの男の子と肩をくっつけるようにして帰って行った。
仲の良い高校生たちの姿が見えなくなると、舞子は店の奥の天井近くに掛かっている柱時計に目をやった。午後九時半をまわっていることを時計が知らせていたので、舞子は出入り口の近くに設けられたポストカード・スペースから、数枚の外国のポストカードを選んでレジに持っていった。舞子が代金を払うと、小松川店長はポストカードをまとめてハガキ・サイズの透明のビニール袋に入れてくれた。ビニール袋入りのポストカードを手提げのバックにしまい帰ろうとして、舞子は思い出したことがあった、小松川店長の方を向いて「如何して、営業時間が午後四時から午後十時までなのですか?」と舞子は訊ねた。戸惑いの顔をした小松川店長は、すぐに元の顔になり「この営業時間が、僕にとってはベストなんです」と答えた。
舞子は店の外に出ると、赤いバイクの側らを通って歩き出した。交差点の方に向かって歩きながら、舞子は「小松川店長さんは、ほかに仕事でもされているから・・・。裕福な家の人で、道楽で店をされているから・・・。それとも・・・・・・」とあれこれと思いながら、如何してなのか「店長さんには、彼女がいらっしゃるのかもしれない」と思ったのでした。