店主は妄想族(私小説) その二十「ロードスタークラブ」


私がレジのある机に向かって、名車プレミアム・ポストカードを入れたハカギ・サイズの透明の袋の右上に値を表したラベルを貼っていると、入口のドアがキューと開いて、四十前後の男性が入って来た。
「いらっしゃいませ」とハンドラベーを机上に置きながら私が挨拶をすると、薄手のジャンパーを着た五十前後の男性が軽く頭を下げると、店内に一歩入った所に立って、店内を見回した。
 私は窓越しにロードスターが見えたので、
「今日は天気が良くて、ドライブするには良い日になりましたね」と話し掛けると、
「寒くもなく暑くもなくて、ドライブには適していますが、風か少しありますね」と応えて目星をつけると奥にあるカタログ入りのケースの方に向かわれた。
ラベラーを手にした私は、ポストカードの入った透明の袋に値段のラベルを貼りだすと、マツダと記されたケースの前に立った男性は、カタログに手を伸ばした。
正午の開店時から聞いているFMラジオが二時の時報を知らせるのを耳にした。私は座った状態でラベルの貼り終わったプレミアム・ポストカードを一時的に机の引き出しに仕舞い、何気にケースが並んでいる方に見ると、傍らに数部のカタログを置いて手を休めている男性を目にした。
「ロードスターに乗られて、変わったことがありましたか」と訊ねると、五十代の男性は笑顔をされて、ロードスター・クラブに入会して、そのおかげで仲間が出来ましたと話されて、その後に笑みを消して、
「クラブの中に、自分の所有している物については何も言わないで、他人の有している物はしっこく聞いて来る会員がいて・・・・・・」と笑みを消して言われた。
お客さんの中にある自動車のクラブに入っている人がお見えになりますが、その方も、同じようなことを言う会員がいると言っていましたねと話すと、
「どのクラブにも、他人のコレクションを知りたがるが自分のコレクションを教えたがらない人が居るのですね」と少し安心気な顔をされた。
 私が奥の庫から店頭に出すために五十冊ほどの自動車誌を持ってきて机に向かってダメージがないかを調べていると、十冊ほど終わったところで、男性が数部のカタログをレジのある机上に置かれた。
 私は立ち上がり会計をして、シルバーの袋にカタログを入れて手渡したすと、受け取った男性は、
「今日は長い間探していた、ロ-ドスターの限定車のカタログを含めて数点見つかったので、今日に来て良かったです」とにこにこしながら言われた。
「タイミングが良く、お目当てのものが手に入って、が良かったですね」と、笑みしながら応えると、男性は満面に笑みをされた。帰り際に男性が、
「先ほどの話しですが、他の人のコレクションばかり聞いて自分のコレクションは一切話さないクラブ員ですが、どう思いますか」と訊かれたので、
「ロードスターのクラブですから、もっと”オープン“にして欲しいですね」と答えると、と、「その通りですよ。もっと、心をオープンに・・・」と言い返すと、シルバーの袋を提げた薄手のジャンバーを着た男性はパタンとドアが閉まる音と共に外に出て行かれた。

★12月のフェア
<「カタログで見る1990年代の国産・特別仕様車(ワゴン&RV車も含む)カタログ&カタログ(ベース車)フェア。トヨタ/クレスタ特別仕様車、等。ニッサン/スカイライン誕生10周年記念オーテックバージョン、等。ホンダ/インテグラ特別仕様車、等。マツダ/RX-7ロータリー誕生30周年記念限定車・等の、即時販売です。
11/30(土)~12/11(水)>

☆1月のフェア(2020年)
<「カタログで見る1980&90年代の国産二輪車」カタログ&アクセサリー・カタログ フェア。ホンダ/CBシリーズ、XLシリーズ、スクーター、等。ヤマハ/XJRシリーズ、VXシリーズ、スクーター、等。スズキ/RGシリーズ、DRシリーズ、スクーター、等。カワサキ/ゼファー・シリーズ、KDシリーズ、等。
1/4(土)~1/14(火)>

◆《クルマが懐かしい店「店主のひとり言」》を、店頭にて販売中!!くすっと笑えるエピソード集です。著者 松浦正弘
価格:1000円、 A6判(文庫サイズ)、並製 、187ページ
◇通販も承ります。

*つくば市吾妻3-8 友朋堂書店(029-852-3665)でも、販売しています。